RealReader SDK ライセンス価格 of 株式会社 データデジタル 8

RealReader SDK とライブラリ再配布ライセンスの価格

RealReader SDK

 RealReader SDK = ソフトウェア開発キット(Software Developer's Kit)を利用して OCR 機能を含むアプリケーションを開発が可能となります。使用可能な関数の説明やサンプルのソースが利用できます。

 1 SDK の価格は、

RealReader SDK 活字版
活字文字認識用の開発キット。Pro Plus Form 相当の開発モジュールがすべて含まれます。
400,000円(税抜き)
RealReader SDK Plus Hand 活字+手書き版
活字+手書き文字認識用の開発キット。Pro Plus Hand 相当の開発モジュールがすべて含まれます。
600,000円(税抜き)

 1 CPU につき 1 件の購入が必要になります。また、複製、譲渡、転貸はできません。
完成したアプリケーションを外販や社内で再配布する場合は再配布ライセンス契約が別途必要になります。
 最初の 1 年間のソフトウェア保守料金は SDK 本体価格に含まれます。
2 年目以降のソフトウェア保守料金は 1 SDK あたり 1 年間で

RealReader SDK 活字版
40,000円(税抜き)
RealReader SDK Plus Hand 活字+手書き版
60,000円(税抜き)

になります。
再配布ライセンス契約を締結した場合は、ソフトウェア保守契約の締結が必須です。
ソフトウェア保守の内容は以下の通りです。

  • システムの動作に重要な影響を与える不具合に対する修正版の提供。
  • 保守期間中に行われた当ライブラリのバージョンアップ版の提供。
  • ライブラリの使用方法に関するメールでのサポートおよびコンサルティング。

ライブラリ再配布ライセンスの価格

 RealReader SDK を組み込んだアプリケーションを外販や社内で再配布する場合は再配布ライセンス契約が必要になり、複製本数に応じたランタイムロイヤリティが発生します。
再配布ライセンス数によって割引等がございますのでお問い合わせ下さい。
再配布ライセンス価格はSDKの使用方法・組み込みアプリケーションの種類により個別に見積もりさせていただいておりますが、以下に一例を挙げております
一般的には再配布ライセンス価格はアプリケーションの本体価格の10%~40%となっております。

A. アプリケーションがサーバー型でない場合(活字版 活字+手書き版では×2)
ここでは年間100本でのライセンス契約の例を挙げておりますが状況により大きく変動します。


新規配布 バージョンアップ配布
外販する場合
本体定価の10%
(最低15,000円(税抜き))
本体定価の2%
(最低3,000(税抜き))

自社で運用する場合
 40,000円(税抜き)
/1CPU
につき
 15,000(税抜き)
/1CPU
につき

B1. アプリケーションがサーバー型でクライアントが特定される場合(活字版 活字+手書き版では×2)
特定クライアント向けにアプリケーションが作成されている場合です


新規配布 バージョンアップ配布
外販する場合
本体定価の10%
(最低300,000円(税抜き))

本体定価の2%
(最低60,000円(税抜き))

自社で運用する場合
600,000円(税抜き)
/1CPU
につき
 150,000(税抜き)
/1CPU
につき

B2. アプリケーションがサーバー型でクライアントが特定されない場合(活字版 活字+手書き版では×2)
クライアントが不特定多数あるいは増加する場合です


新規配布 バージョンアップ配布
外販する場合
本体定価の10%
(最低600,000円(税抜き))

本体定価の2%
(最低120,000円(税抜き)))

自社で運用する場合
1,200,000円(税抜き)
/1CPU
につき
300,000円(税抜き)
/1CPU
につき